Lgiht Years 01のフォルテボタンは何の為?

Light Years 01には電源ボタンとASCTボタンの間にフォルテ記号のボタンが配置してあります。

フォルテボタン

このボタンでスピーカーアンプの増幅率を設定することができます。

例えばLevel1なら1倍、Level2なら2倍といった感じです。
なのでLevel1と比較してLevel2はスピーカーアンプの信号振幅が2倍になります。
実際、耳は電圧振幅のおよそ2乗で音量を判断するので、ルート2倍(1.4倍)くらいの音量になった感じで聴こえます。

なぜこんな機能があるの?という話ですが、
一般的なオーディオアンプの増幅率は最大で固定になっていて、その前段のボリュームによって音量を調整します。
これは1つのボリュームで最小音量から最大音量までをコントロールすることを意味します。

ただこの方法、ユーザーの使い勝手はよいのですが、1つ問題が発生します。

一般的なオーディオアンプを小さい音量で聴く場合、中間のボリューム回路で絞れるだけ音を絞って、最後のスピーカーアンプで最大限音を増幅するというアンバランスな構成となります。

ご近所の迷惑になるくらい大音量で聴く場合には特に問題とならないのですが、常識的な範囲の音量で聴く場合、中間のボリューム回路のところで音(電気的には電圧振幅)をわざわざ絞って小さくしてしまうのです。
この方法は音声信号のS/N比(signal-noise ratio)を悪化させてしまいます。
オーディオに限らずアンプ(増幅器)のS/N比を良好に保つためには、入力側の信号品質を高めると同時に、入力側に近いアンプの増幅率を可能な限り高くし、出力側に近いアンプの増幅率を下げるのが鉄則です。 (なぜそうなのかは専門的な話になるので省略します)

これを一言で表すと、同じ音量で聴く場合、信号経路の最後に位置するスピーカーアンプの増幅率は低いほど音が良いということになります。

このため、Light Years 01ではスピーカーアンプの増幅率が最大固定でなく、下げられるようになっているのです。

それでフォルテボタンの正しい使い方は?

まずは増幅率を最小でお使い頂き、音量が足りない場合は、増幅率を上げるというのが正しい使い方になります。
当然、細かな音量設定は通常のボリュームボタンで可能です。