聴き比べ!オーディオテクニカのカナル型イヤホン「コスパ高っ!」

以前から気に入っていたオーディオテクニカのSOLID BASSシリーズ

okiniiri_headphone

こちらはずいぶん前に購入した、オーディオテクニカのSOLID BASSシステムを搭載したヘッドホン「ATH-WS55」です。
オーディオテクニカのSOLID BASSシリーズは他メーカーの低音重視ヘッドホンとくらべ、増強している周波数が若干低めで音が玉になり難く、低音の音量の割には無理して鳴らしている感じもなく品の良い音がして結構気に入っておりました。
で、今回、音質チェック用に、イヤホンが必要となったため、SOLID BASSシリーズ(カナル型イヤホン)の聴き比べを行いました。

 

今回試聴したSOLID BASSシリーズ(カナル型イヤホン)のラインナップ

ラインナップとおよその実売価格の関係は以下の通りです。(2015年7月現在)

  • ATH-CKS1000  16,000円
  • ATH-CKS99    9,000円
  • ATH-CKS77    5,500円
  • ATH-CKS55    3,500円

試聴結果

ATH-CKS55

とにかく価格重視の人向け、値段を考えれば十分な音質。

ATH-CKS55

低音の音像は、ぼやけ気味の印象を受けます。音が全体的にぼんやりモワモワしています。
音質の違いが判らない人からすると逆に低音が物凄く出ているようなおかしな錯覚を受けるかも。
それでも価格を考えれば充分な性能。
取りあえず何でも良いからイヤホンが欲しい人にはお勧めの一品。値段を考えれば損はしないかな。

 

ATH-CKS77

少しグレードアップしたい人におすすめ。でもちょっと中途半端かも。

ATH-CKS77

ATH-CKS55から比べると低音の音像がはっきりして、低音がすっきり霧が晴れたような印象を受けます。
一聴すると低音の音量がATH-CKS55より下がったように感じますが、これは低音の一音一音が聴き分けられるようになってきたため、そのように感じるのだと思います。
ただ、ATH-CKS77を買うのであれば次に書く1グレード上のATH-CKS99がお勧めです。

 

ATH-CKS99

音質にこだわりたい。でも物凄い贅沢もできない人向け。(個人的にベストバイ)

ATH-CKS99

ATH-CKS77よりも更に低音の音像がはっきりして、低音がすっきりします。
低音が結構出ている割に長時間でも聴き疲れしません。
でもドンシャリ音質大好きな人には、この鮮明さが逆に違和感を覚えるかも。
音質的にもかなり高級ヘッドホンぽい感じになってきます。
一つ上のATH-CKS1000と比べ値差ほどの音質の差がないため、個人的にベストバイです。

 

ATH-CKS1000

少しでも良い音を求める人にはGOOD。普通の人が聴くとCKS99と音質的な差は少ないかも。

ATH-CKS1000

ATH-CKS99よりも更に低音の音像がはっきりして、低音がすっきりします。
これはSOLID BASSシリーズの傾向みたいです。
ただ、値段の割には、ビックリするくらいの音質アップがないため、少しでも良い音を求める人には良いのですが、普通に音楽を聴くだけの人にはワンランク下のATH-CKS99がおすすめです。

 

おまけ:以下にSOLID BASSシリーズ(カナル型イヤホン)の値段と音質の関係グラフを主観で勝手に作りました。

 

価格と性能比較グラフ

 まとめ

  • 値段重視派:ATH-CKS55がおすすめ。
  • 音質重視派:ATH-CKS99がおすすめ。

それにしても、オーディオテクニカのSOLID BASSシリーズはコスパが高い。
量販店で色々聴き比べますが、他の選択肢が無くなってきます。

ほんの少しのお願いです。

ナチュックスピーカーはこの度、無料で利用できる楽曲(BGM)のダウンロード配布を始めました。お試しで数曲ご試聴頂けると幸いです。

フリー楽曲(BGM)試聴リンク