オーディオ用語集

オーディオ用語集で頭スッキリ!

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
A to Z

あ行

アクティブスピーカー

アンプとスピーカー部分が一体となったスピーカーのこと。
対照にアンプとスピーカーが分離されているものをパッシブスピーカー型と呼ぶ。

アッテネーター

スピーカーに入力される音量を調整(減衰のみ)するための装置。
マルチウェイのスピーカーにおいて、ユニット毎の音量を調整するために使用される。
通常、ツイーター部分の音量を減衰させるために使用する。

インピーダンス

交流抵抗値のこと。単位はΩ(オーム)。
インピーダンスが低いほど同じ振幅の信号を入力したときに流れる電流が大きくなる。
通常、アンプが受け持つことのできるスピーカーのインピーダンス範囲は限られているため、アンプとスピーカーのインピーダンスをマッチングさせる必要がある。
アンプ側で指定されたインピーダンスより小さなインピーダンスのスピーカーを接続すると故障の原因となるため注意が必要。

エージング

オーディオ、特にスピーカーユニットにおいては、メカ部分の慣らし運転が必要であり、時間とともに音声信号の振動に可動部が馴染んできて、音質が改善させる。

エンクロージャー

スピーカーの外箱のこと。スピーカーユニットから発せられた音を吸収したり、共振させたり、スピーカーの方式により様々な特徴がある。

page top

か行

カートリッジ

レコード針のこと。
レコードに刻まれた溝をなぞり、電気信号に変換する。
MM型とMC型の2つに分類される。

吸音材

エンクロージャーの内部に取り付けて音を吸収したり、音を調整したりする。
材質は、グラスウールやフェルトなどが一般的。
材質や取り付ける位置により、吸音する周波数特性が異なる。

許容入力・定格入力

スピーカーに継続して耐えることのできる入力信号の最大値。
この値を大きく超える信号をスピーカーに入力した場合、破損する恐れがある。

クロスオーバー周波数

マルチウェイのスピーカーでツイーターとウーハーが受け持つ周波数がクロスする周波数を指す。

page top

さ行

サブウーハー

100Hz以下の低音再生を専門とするスピーカーのこと。
低音部分は音の指向性がなく、どこで鳴っていても問題がないため、通常LRのステレオではなく、1つのスピーカーで再生される。
5.1chスピーカーシステムの0.1がこのサブウーハーに当たる。

サランネット

スピーカーユニットの全面に配置されるカバーのこと。
スピーカーのコーン紙の部分は弱いため、保護の目的に使用される。
音質的には取り外した方が良い。

サンプリング周波数

アナログ信号をデジタル信号に変換する際にそのサンプリングを1秒間に何回取るかを表す値。
取る回数が多いほど、アナログ信号の原音に近くなり音質も向上する。
CDの場合は、44.1kHzで、1秒間に44100回のデータを取得している。
また、このサンプリング周波数は、録音再生される音声帯域にも密接に関係しており、CDの場合44.1kHzの半分の22kHzまでの音を含んでいる。

指向性

スピーカーから出た音が、どのような方向に広がっていくかを表す言葉。
音は一般的に高音になるほど指向性が強く。低音になるほど拡散して広がる性質を持つ。
無指向性スピーカーは、音の指向性を極力減らし音が360°広がるように設計されたものである。

ジッター

デジタル信号を伝送する際に生じる、時間軸のずれのこと。
例えば、アナログ信号をデジタル信号に変換するADコンバータの場合、サンプリングのタイミングのずれ(ジッター)により、音が歪む原因となる。
高級機ではサンプリング用のクロック信号をTCXOなど低ジッターなものを使用している。

振動版

ボイスコイルに連動して動き、空気を振動させて音を出す面のこと。
スピーカーが音を出しているとき、細かく震えている部分がこれに当たる。

スイッチング電源

入力されたAC電圧を狙いのDC電圧に変換する際、トランジスタなどのスイッチング素子を用いる方式。
出力のDC電圧をモニターしてフィードバック制御を行う。
電力変換効率の良さと、小型、軽量化が行えることから、現在では主流となっている。
ただし、スイッチング時のノイズがオーディオの世界ではデメリットとされている。

ソースダイレクト

アンプに入力された信号を、トーンコントロールやバランス回路を経由しないで、直接アンプ部分に接続させる機能。
アンプの入力を最短で出力させることができるため、音質の劣化を少なくすることができる。

page top

た行

ターミナル

スピーカーケーブルを接続する端子のこと

ダイナミックレンジ・Dレンジ

アンプからスピーカーまでのオーディオシステムが再生できる最大音量と最小音量との差分のこと。
通常dB(デシベル)で表現される。
この値が大きいほど、小さく繊細な音から、大きく力強い音まで再生することができる。

ダクト

バスレフスピーカーに開けられた穴と内部の筒のこと。
この筒の長さと大きさが、バスレフの共振周波数を決めるファクターとなっている。

ダンピングファクター

スピーカーのインピーダンスをアンプの出力インピーダンスで割った値。
アンプの出力インピーダンスが低いほどスピーカーの制御がし易い。

定位

音を聴いたとき、どの場所から音が出ているのか判断できるかどうかの性能。
オーケストラであれば、弦楽器が前で、管楽器が後ろなど、演奏者の位置が特定できるかが重要となる。

定在波

壁と壁が向かい合う部屋などで、音の反射が繰り返される波のこと。
この反射する音は特定の周波数であり、この定在波が音のピークとして現れ、歪みや音質劣化の原因となる。

page top

な行

ネットワーク

マルチウェイのスピーカーで、低域と高域を分割するためのフィルターのこと。
ウーハー側にはローパスフィルター。ツイーター側にはハイパスフィルターが使用される。
通常、40dB/octで減衰するパッシブ型のLCフィルターが使用される。

page top

は行

バイアンプ

2台のアンプを使用してスピーカーを鳴らす方式のこと。
1台をウーハー用、1台をツウイーター用といった使い方が一般的。

バイワイヤリング

2ウェイのスピーカーで、スピーカーとツイーターを別々のスピーカーケーブルで駆動させること。

バスレフ方式

エンクロージャーに共振用の穴が開いたスピーカーのこと。
スピーカーユニットの後方で発生する音をこの穴で共振させ低音部分の増強を図ることができる。
小型スピーカーなどでも低音を簡単に増強させることができるため、近年ではごく一般的なスピーカーの方式となっている。

バックロードホーン方式

スピーカーユニットの背面から出た音をホーン形状をした管を通して出力させることで、低音部分を増強させたスピーカーのこと。

パッシブラジエーター方式

密閉型スピーカーに振動版だけのユニットを追加することで低音での負荷を軽減させる方式。

ピックアップ

CDに向けてレーザーを照射し、その反射光を読み取るユニットのこと。

ビットレート

1秒間当たりに転送されるデータ量のこと。
単位は、bps(bit per second)。
この値が大きいほど、大量のデータを転送出来るようになる。

フォノイコライザー

レコードの録音レベルを補正し再生するたの装置。
レコードの再生には必ず必要。

ブックシェルフ型スピーカー

本来本棚に収まる程度の大きさという意味であるが、厳密な定義はなく、メーカーによりブックシェルフ型スピーカーの大きさは様々である。

フルレンジスピーカー

1つのスピーカーユニットで全帯域を再生するスピーカーのこと。
音の出口が一つしかないので定位に優れている。

ボイスコイル

振動版を駆動させるためのコイル。
アンプから送られる電流がコイルを通過すると磁界が発生し、スピーカーの永久磁石とのフレミングの法則により振動版を動かす。

ホーンスピーカー

開口部がラッパの形に広がったスピーカー音の広がりが良く能率が高い。

page top

ま行

ミュート機能

ボリュームを使用せずに一時的に音量を小さくすることの出来る機能。

密閉型スピーカー

エンクロージャーが隙間なく密閉されたスピーカーのこと。
一般的に低音の再生には、大きいサイズのエンクロージャーが必要となる。

page top

や行

page top

ら行

ラウドネス機能

人間の聴覚はボリュームを下げるほど、高音と低音の感度が落ちる性質がある。
この感度低下を補うためボリュームが低い時に低音と高音を増幅する機能。

page top

わ行

page top

A to Z

A級アンプ

アンプの増幅特性が非線形で歪の多い部分を避けて出力させる方式。
線形で歪の少ない部分の動作点では常に電流が流れており、効率が悪く発熱も大きいが、音質は良い。

B級アンプ

プッシュプル方式を用い、プラス側、マイナス側で受け持つトランジスタが異なる方式。
プラス側とマイナス側のトランジスタの動作点はゼロの近傍でクロスするようになっており、可能な限り線形の動作点を使用しつつ、無効電流を減らし、発熱も抑えた方式。
音質と効率のバランスが良く、アナログアンプではごく一般的。

Bluetoothオーディオ

オーディオ信号をBluetoothの無線に乗せて伝送する方式。
SBCというコーデックが主流であったが、音声帯域の問題、音声遅延の問題などオーディオ用途には不向きな面があった。
最近ではAACやaptXなどのオーディオの伝送を専門とするコーデックが登場し高音質化が図られている。

D級アンプ

デジタルアンプ方式
0-1のデジタル出力にLCフィルタやスピーカーの周波数特性を加えることで、アナログ信号に変換する方式。無効電力がほとんど無く、非常に効率がよい。

D/Aコンバーター

デジタル信号をアナログ信号に変換するための装置。
近年、オーディオメディアの殆どはデジタル化されており、このデジタル信号をアナログ信号に変換する装置の性能が音の良し悪しを決めている。

MDF

中密度繊維板(Medium Density Fiberboard)の略。
スピーカーのエンクロージャーによく使用される。
木材を繊維状にしたものを接着剤で固めたもの音質や価格の面で優れている。

RCA端子

RCA社が開発した差し込み式プラグ。
アナログ音声やコンポジット映像などに使用されている。

SN比

信号(S)とノイズ(N)の比率のこと。
値が大きいほど、相対的なノイズが少なくなり高音質となる。
ADコンバター、DAコンバータなどでは、アナログとデジタルの変換部分で量子化ノイズが発生し、理論的なSN比の限界値が存在する。

S/PDIF

ソニーとフィリップスが共同で定めたデジタル音声を伝送するインターフェイス規格。
同軸のデジタルケーブル、光デジタルケーブルなどがそれにあたる。

XLR端子

キャノン端子、バランス端子などの呼び名もある。
業務用の音声機器の接続に使用される。
近年ではハイエンドオーディオの接続にも使用されている。

page top