密閉型スピーカーのクリアな音をもっと身近に

密閉型スピーカーは、低音部の遅れがほとんどなく、クリアでスピード感のある音楽を再生できることが知られています。しかし技術的に小型化が難しいため、現在販売されている小型スピーカーのほとんどはバスレフ型を採用しています。

ナチュックスピーカーは独自に開発したバスブースト技術ASCT (Airtight-Speaker-Correction-Technology)を使用して、小型でありながら豊かな音色を再生させることに成功しました。一般的なバスブースト回路でありがちな波形の遅れもほとんどないため、密閉型スピーカーの特徴を損なうことなく、クリアでスピード感のある音楽を十分に味わうことができます。

※Light Years 01は広い場所など大音量で使用する用途には向きません。静かな室内でゆったりと音楽を楽しむことを前提に設計されています。

スピーカーにおける密閉型とバスレフ型の音の伝わり方

音が伝わる速度の違いを示したグラフ

 

職人がこだわりぬいたアンプ

品質を重視し、職人が選び抜いた納得のいく部品だけを採用。

電源回路は

  • プリアンプ
  • 右チャンネル専用パワーアンプ(ヘッドフォンアンプ含む)
  • 左チャンネル専用パワーアンプ(ヘッドフォンアンプ含む)
  • コントローラーなどの制御回路

を完全独立に設計することで、パワーアンプからプリアンプへの干渉、左右パワーアンプどうしの干渉を最小限にしています。また、電源の立ち上げ時間をフィードバック制御することでPOPノイズを除去。一般的なリレーを使用したノイズ除去回路と比べ音質劣化がありません。

プリアンプ部分はDC電圧を直結させることで可能な限り信号ラインのカップリングコンデンサを排除。カップリングコンデンサによる音質劣化を最小限にしています。

一般的なアンプシステムの電源仕様

アクティブスピーカーLight Years 01の電源仕様

 

高音質アナログ入力端子(DAI)を2系統搭載

プリアンプにダイレクト接続することで音質劣化を最小限に抑えた専用のアナログ入力端子(DAI : Direct-Analog-Input)を搭載しているため、音質を重視したハイレゾ対応のオーディオ機器やaptXやAACなどの高品質コーデックを搭載したBluetoothレシーバーと高音質はそのままに接続が可能です。

もちろん、テレビなどヘッドフォン端子のあるデバイスであればアナログケーブル一本で簡単に接続、臨場感溢れる音を楽しむことができます。

※全ての機器との接続、動作を保証するものではありません。

※デジタル信号やUSBからの信号を直接接続することはできません。別途、USB-DACなどの機器が必要です。(natuchのスピーカーではじめるPCオーディオ入門をご参照ください。)

一般的な多入力アンプの説明図

Direct Analog Inputの説明図

 

スピーカーを保護する様々な安全機能

安心してご使用いただくために、Light Years 01は以下の安全機能を搭載しています。

  • 電源、アンプの温度を監視し、一定以上の温度になったときは自動的に電源をOFFにする。
  • 電源から異常な電流が一定期間流れた場合は、自動的に電源回路をOFFにする。
  • 誤って電源が遮断された際のPOPノイズを防止し、スピーカーを保護する。
  • スピーカーがショートした場合、自動的に電源をOFFにする。
  • 一定以上の入力が行われた場合、自動的に音量を下げスピーカーを保護する。
  • システムエラーが発生した場合、自動的に電源をOFFにする。

安全第一